寝る前の夜食はNG行為

夜食の画像

安眠するには毎日決まった時間にバランスのとれた食事を取ることが大切です。そして健康のためにも最適となります。夕食はできるだけ就寝の2〜3時間前には食べ終わっていることが大切となります。そして夜食は脳を活性化させてしまうので絶対にしてはいけない行為です。

寝る直前に食事をとると消化活動のために寝ている間も胃腸が活発に働いてしまいます。こうなると興奮状態となり寝付きが悪くなるケースもあります。また反対でお腹が空腹の場合でも寝付きが悪くなります。これは脳が覚醒状態に入ってしまうためです。

そして睡眠中に血糖値が上がると夜中に成長ホルモンの分泌がされにくくなりお肌の修復や伸び盛りの若者にとっては成長を阻害する可能性があります。またモデルや有名人が口を酸っぱいくらいに言うように夜食は肥満の元になります。

夕食から就寝まで間隔が短くなる場合はできるだけ消化の良い【おかゆ・雑炊・お茶漬け】など軽いもので済ませるのもポイントになります。

そして寝る前の食事として最も避けたいのが辛い食べ物です。唐辛子などの香辛料系はカプサイシンが配合されており、非常に刺激が強く体を温めてしまい脳や体が興奮状態になります。食べる場合はできるだけ就寝時間と間隔をかなり開けるようにするのがベストです。


寝る前の飲み物は安眠を左右する!

ドリンクの画像

◯水

寝る前の水はOKです。安眠するためには体温を少し下げる方が寝付きがよくしっかりと寝れる状態になります。寝ている最中に体温を下げるには汗をかくことです。そのためのサポートをしてくれるのが寝る前の一杯の水となるのです。毎日就寝前にコップ一杯分の水を飲むようにすると脳梗塞や心臓病などの予防にもなると言われています。

◯牛乳
牛乳に含まれるタンパク質には中枢神経などに作用して鎮静的な働きがあります。昔から寝る前にはホットミルクが良いといった説がありますが、しっかりとした立証がされています。またホットミルクの場合は気持ちを鎮めてくれてリラックスできる効果もありますよ。

△ハーブティー
ハーブティーは種類によりますね。リラックス効果の高いハーブティーならOKなのですが、ダイエット用のハーブティーなどはあまり向きません。中には神経を興奮させてしまうタイプもあるので注意が必要です。デトックスやイライラ解消をするハーブを配合したものを選ぶようにしましょう。

×お茶・コーヒー
お茶やコーヒーにはカフェインが配合されています。これは目を覚ますのに有効なものです。カフェインは神経を覚醒させる作用があり、寝る前に飲むと寝付けない原因となります。できるだけ夕方以降はカフェインが入った飲料を飲まない方が賢いですね。


寝る前のタバコやアルコールはNG!

タバコの画像

アルコールを入れると良く眠れるといった人がいますが大きな間違いです。お酒には催眠作用といったものがあるのですが、翌日の朝に早く目が覚めてしまったり、深い眠りにつけないケースが多くなります。またお酒の力を借りて睡眠を誘うことばかりしていると早朝覚醒といった睡眠障害を起こしやすくなります。

さらにお酒には利尿作用があるので夜中に何度も目が覚めてしまうといった中途覚醒と呼ばれる睡眠障害を引き起こすケースもあります。

研究では毎日お酒を飲む人は不眠になりやすいといったデータもあります。健康や質の良い睡眠をとるためには週に2日くらいのアルコール摂取が最適とされていますね。また寝るために酒を飲んでいると体が慣れてきてしまい、ドンドン飲む量が増えるといったデメリットも存在します。

一番最悪なのがアルコールなしでは寝れなくなることです。これはもうアルコール依存症になっていますので、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。肝臓を壊す危険性も高まっていきます。


睡眠導入剤に頼りたくない人は睡眠サプリを活用!

寝る薬というと病院から処方される睡眠導入剤などをイメージする人が多いと思いますが、実は脳の眠気ホルモンと呼ばれるメラトニンを作り出す栄養素を豊富に配合したサプリメントが現在では人気が高まっています。一昔前に比べると睡眠導入剤も研究がすすみ、副作用や依存性といった面でもだいぶ緩和がされるようになりました。専門家から言わせると副作用などは用法や用量を守っていればまず心配はないといった意見が多いです。

ですが、昔のイメージがまだ強く残っているせいもあり、なかなか睡眠導入剤などは使いたくないといった人も多くいます。結局、睡眠導入剤などはしっかりと治るまで服用することが条件となります。自己判断でやめてしまうとぶり返しなどの危険も少なからずあるのが現状のようでもあります。

そんなオーガニック由来の方々にも指示されているのがサプリメントなのです。病院から処方されるようの薬は医薬品であり化学薬品が使われているケースもあります。しかし、睡眠サプリの主原料になっているのは天然の植物です。この植物から採取されたエキスなどをサプリに凝縮して1粒の中に収めています。体には薬よりも安心・安全ですし、フェイスブックかTwitterでみたのですが、本物のお医者さんも眠気を誘う作用が病院の薬ほどではないがあるといった答えていました。

サプリメントも今では数多くメーカーが出していて、選ぶのも難しいと思います。ましてや口に入れるものですから安全なものを選びたいのが日本人だと思います。市場に出ているサプリの中で人気や知名度、安全性などを考慮されているサプリを紹介してくれているサイト(http://xn--vck8crc5cs101cela.com/)などもあるので参考にして選んでみると良いと思います。微妙に配合されている成分にも違いがありますので、自分の直感に従っても良いですし、サイトで一押しのものを選ぶのもありでしょう。健康食品の部類になるので基本的にはどれも安心で安全性を確立されたものばかりですので睡眠導入剤に比べても使う壁は低くて良いと思いますよ。

私の友人もオーガニック派で睡眠サプリを活用していましたが、数ヶ月使っていると違いが実感できるそうです。その方は病院にも行かずにそういったアイテムを活用して自力で不眠症を治してしまいました。サプリメントがドンドン、発達してくると医者要らずになる日も近いような気がするのは私だけでしょうか(笑)


47歳・専業主婦の睡眠サプリ活用体験談!

ストレスが溜まるとすぐに寝付けないことが多くなってきてしまうのですが、今までは特に体の支障などがでるわけではなく、少し翌日がダルくなるだけでした。

しかし、年齢を重ねてくると非常に朝がダルくなったり、翌日になっても疲れが取れないといったケースが増えてきて悩んでいたのが睡眠サプリを使う最初のきっかけになりました。

私はダイエットのために下半身痩せサプリといったアイテムを使っていた時期があったので、サプリメントで生活をサポートするといったことは慣れていました。

なのでネットで調べてヒットした睡眠サプリを使ってみることにしたのです。

最初はまったく実感を得ることができませんでしたが、使いだしてから1ヶ月くらい経つと夜の寝付けがよくなったように感じました。

今ではストレスが少し溜まったくらいでは寝付きが悪くなることもなく快適に睡眠できることが嬉しいです(^o^)